長距離ドライブ

明日から長野へ帰ってきます。

片道約10時間のドライブ

SAがまた楽しいんだ

途中で寄るSAはだいたい決まってきました。
どこも綺麗で特徴があって、おもしろい!!
ドッグラン、とかあって、わんこが走ったりお散歩したり・・・。
ワンちゃんも長距離ドライブおつかれさま。

明日は早朝3時に出発予定。

さてさて、起きれるのかしら?

無事に行って帰れますように・・・。
スポンサーサイト

A Purcell Anthology

昨日で、年内の練習・本番、全て終わりっ

今年も歌うことができたことを感謝します。

練習納めは、カンターボ・エテルナでした。
来年2月13日の演奏会に向けて、賛助の方にも来ていただきました。
いつもの練習は、今は4人でやっていて、5声や8声の曲を練習しても、
歯抜けで間抜け・・・。
すーすーするの。

でも、昨日みたいに声部が揃うと、やっぱり歌いやすい!!
この曲、こんなにかっこいい曲だったんだぁぁぁ
と、発見ばかり。

楽しかった

Hear my prayer,O Lord
Remember not, Lord, our offences
Thou knowest, Lord, the secrets of our hearts
Jehova, quam multi sunt hostes mei!
Funeral Sentences
O God, thou art my God

パーセルからは、これだけ演奏します。
練習しなくっちゃ

ウクレレと共演

ウクレレとスチールギターのバンドと今度共演することに・・・。
とっても素敵なおじさまたちです。

ウクレレやスチールギターの音って、ほんわか。
体が半分浮いてるような気分です。

歌うのは、なんと 来年の成人式
しかも地元。

成人式って荒れてるイメージだけど・・。
今ってどうなんでしょう。

でも、普段と違う演奏になりそう。
楽しむぞぅ

山口サビエル教会

12/24クリスマスイブの日は、山口のサビエル教会に行ってきました。
18:30と21:00のミサ。
21:00のミサはグレゴリオ聖歌を中心にしたミサで、聖歌隊席に上げていただき歌ってきました。
すごく素敵だったのが、ミサの前にみんな外に出て、広場に集まるの。
みんな一本のろうそくを持ってます。
全ての電気を消し、真っ暗な中 司祭団がやってきて、
少しお話をして一本のろうそくを灯します。

その一本のろうそくの火が人から人へと広がっていき、
たくさんの火が少しずつ列になって、聖堂の中に入っていくの。
そばでは、聖歌隊の子達が「しずけき」を歌ってて、
聖堂の中に入るとオルガンと聖歌隊の「しずけき」が鳴っていて・・・。

素敵でした。


ご一緒させていただいたご夫婦に感謝いたします。
素敵な日をありがとうございました。

合唱隊 歌い納め

広島少年合唱隊は、今日が歌い納めとなりました。

またしても、指揮をして来ました。
指揮がおぼつかない私。

子供たちが不安がらないように、必死で笑顔を作ってますが・・。
きっと、口の端っこが引きつっていることでしょう。

広島駅地下エールエール広場での演奏。
朝一番のオープニングステージでした。
年長さんから中1まで・・。
歌い納めのいい演奏ができたとおもいます。

今年一年、卒業していった子、新しく仲間になってくれた子、悔し涙を流した子・・・。
みんな本当に輝いてました。
また来年も元気に会おうね

おつかれさまでした。
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:ひのちかこ
昆野智佳子

広島県倉橋島出身。
お風呂の中と助手席では、家族の迷惑も省みず大きな声で歌いあげ、のびのびと育つ。
おかげ様で今も、皆様にご迷惑をかけつつも歌っています。
エリザベト音楽大学附属音楽園、エクステンションセンター、非常勤講師。
また自宅にて、歌のレッスンをしています。

エリザベトシンガーズ
広島中央合唱団
広島女声合唱団
エリザベト音楽大学付属音楽園プエリカンタンテス




広島市在住。
エリザベト音楽大学声楽学科声楽コース 卒業

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleこんにちはsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitle月別アーカイブsidetitle